blog 読書

おすすめの書籍

2021年9月11日

こう

皆様こんにちは!こうです!

私自身が読んで良かった本と自分のためになった本・自己理解が進んだ本を紹介しています。

毒なる親 完全版

毒になる親 完全版

  • 著者:スーザン・フォワード
  • 発売日:2021年3月22日
  • おすすめ度:★★★★★
  • 読みやすさ:★★★★★

本の概要

あなたはもう親を許さなくていい。
親に奪われた人生を取り戻すために。あなたが「毒親」にならないために。勇気をもって本書を開こう。
傷つけられた心を癒やし、新しい人生を歩き出すための具体的な方法を、あなたに伝授する。
カウンセリングの現場から発想された“現実の希望"にみちた一冊!

Amazonより引用

感想

この本は、アダルトチルドレンや機能不全家族のすべてがわかる本です!

毒親育ちだと思う方なら必ず読んだほうがいい本です!

・なぜアダルトチルドレンが生まれるのか?

・機能不全家族のからくり

・毒親がしてしまう行動や心理的な支配

・親から言われた言葉が今の自分の価値観になっている

こういった事がわかっていきます。

ぜひ、読んで得しかない本です!

「言葉」があなたの人生を決める

「言葉」があなたの人生を決める

  • 著者:苫米地英人
  • 発売日:2013年8月8日
  • おすすめ度:★★★★★
  • 読みやすさ:★★★★★

本の概要

◆「言葉」はあなたの人生と全宇宙を支配している!
「言葉があなたの人生を決める」
「毎日くり返す言葉ひとつであなたの90日後、3年後が変わる」

こう聞いて多くの人は
「・・・本当か? 嘘だろう?」と思うかもしれません。
でも、これはホントです。

考えてみてください。
私たちの思考はすべて言葉で成り立っています。
もちろん、イメージをつかって 考えることもありますが、
そのイメージの元をたどっていくと、
それらはすべて自分や対象を規定する「言葉」に行き当たります。

◆人生を180度変える最強メソッド「アファメーション」とは?
私たちが行う選択と行動は、
その人がどんな言葉を受け入れているかによって
決まってしまいます。

「自分には能力がない」という言葉を受け入れているAさん。
「自分は能力ある人間だ」という言葉を受け入れているBさん。

AさんとBさんは、90日後、3年後、10年後、
それぞれが行う選択と行動の積み重ねによって
歴然とした差となって現れてきます。

この「言葉のメカニズム」「無意識の働き」を発見したのが
コーチングの元祖ルー・タイス氏でした。

ルー・タイス氏は
自動的に人生のゴールを達成する唯一の方法である
「あるルールにもとづいてつくった言葉を自らに語りかける」
アファメーションと呼ばれる手法を体系化しました。

一介の高校教師にすぎなかったルー・タイス自身も
この方法によって晩年は億万長者となります。
そして、全世界3300万人が受講した
世界最高レベルの自己啓発プログラムを完成させました。

◆ドクター苫米地による最新版の「アファメーション超入門」!
ルー・タイスには
『アファメーション』(フォレスト出版)という、
そのものずばりの名著があります。

含蓄の深いルーの思想と方法論を学ぶには
うってつけの本ですが、大著ゆえ
「アファメーションを手軽に学べるハンディな本を」
という強い要望が読者から多く寄せられました。

そこで、苫米地英人博士が
認知科学の最新の知見を盛り込みながら
TPIE*に即した形でシンプルかつ明快に
アファメーションを解説したのが本書です。

*TPIE=ルー・タイスと苫米地博士が開発した最新のコーチングプログラム

さらには、北京オリンピック水泳で史上初の8冠を達成した
マイケル・フェルプスの育ての親として知られる
世界的なトップコーチ、マーク・シューベルト氏を監修に迎え
最新かつ最強の「アファメーション超入門」をお届けします!

Amazonより引用

感想

この本では、苫米地英人先生ならではの、アファメーションのテクニックやアファメーションをすることで、自分の内面がどう変化していくかを書かれています。

また、コンフォートゾーンを高めていくアファメーションの仕方や、アファメーションとコーチングの可能性が書かれています。

私自身も、苫米地英人先生のアファメーションを参考に、自分のアファメーションを作り、毎日のように自分に語りかけました。

そうしていくうちに、自分の心も楽になっていき、ネガティブな思考から脱却していくことができ、自己肯定感が上がっていった実感があります。

いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本

いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本

  • 著者:根本裕幸
  • 発売日:2019年6月14日
  • おすすめ度:★★★★★
  • 読みやすさ:★★★★★

本の概要

あなたが「しあわせ」を感じられないのは、罪悪感のせいかもしれない。自分をゆるせれば、生きることがラクになる

反響続々!
「読んでいて涙が止まらなかった」
「誰かのために自分を変えるのではなく、自分のしあわせのために自分をゆるそうと思った」
「罪悪感まみれの人生だったけど、愛ゆえにこんなにも苦しんでたんですね」
「自分の歩んできた人生が書かれているような気がしました」
「自分自身が自分を一番傷つけて許せていなかったんですね……」
「自分の心の世界に光が当たるような一冊。この本を相棒に、少しずつ罪悪感から解放されていきたい」


つぎのようなことに、思いあたる節はありませんか?
□他人の期待に過剰に応えようとしてしまう
□自分と仲良くしてくれる人に、どこか申し訳なく思う
□過去に自分がしたことで後悔していることがある
□仕事や恋愛を頑張っているのに、報われない
□うまくいかない恋愛ばかり選んでしまう
□子どもを深く愛しているのに、やたら怒ってしまう
□自分の子育てに自信が持てない
□なにかと自分を責めて「ダメ出し」してしまう
□つい責任転嫁してしまう

これらの気持ちの裏にはすべて、「罪悪感」という感情があります。
もし、今「自分はしあわせではない」と思うなら、そこに罪悪感が存在している可能性があります。

「罪悪感」とは、ひとことで言うと、「自分が悪い」「自分のせいだ」と感じる感情のこと。
そして、多かれ少なかれ、人は誰でもこの罪悪感を感じながら生きています。
本書は、約20年にわたって1万5千件以上のカウンセリングを実践し、
年間100本の講座やセミナーを実施している人気心理カウンセラー・根本裕幸氏が、
長年にわたって着目してきた「罪悪感」という感情の発生のしくみとつき合い方について、ていねいにひもといてく本です。

罪悪感という感情の最大の特徴は、自分がしあわせになることを許さないように導くことです。
あえて自分を傷つけ、苦しめ、しあわせではない状況を引き寄せます。
しかし、明らかにだれかを傷つけてしまったというような、わかりやすい罪悪感ならば自覚できるけれど、
たいていの場合は、自分に罪悪感があるということに気づいていないケースがとても多い、と著者は言います。
本書では、自分のかかえている罪悪感に気づき、なぜその罪悪感が発生しているかを解き明かし、最終的には自分で自分をゆるし、癒すことを目指していきます。

Amazonより引用

感想

「自分には罪悪感なんてないよ」と思っていましたが、この本を読んで、自分には罪悪感しかないことがわかりました。

特に、幼少期に育った家庭環境によって、親の感情を自分の感情のものとして生きてきたことで、自分の感情を感じないようにしてきたことや、人が辛いと思うことは、自分のせいだと、思ってしまうこと。

自分が生きづらいなって思っていたことが、「罪悪感」というものが行動の原因となっていたことがわかりました。

つい自分を責めてしまう人や、ネガティブになってしまう人、自己肯定感が低いなって思う人は、ぜひ読んだほうが良い本です。

あなた自身の、自己理解が深まって、より、自己受容が進んでいき、生きやすくなっていくスタートの本だと思います。

本当の自分に出会えば、病気は消えていくー「あなた自身の人生」を生きていないときに、人は弱く、不調になる

本当の自分に出会えば、病気は消えていく―――「あなた自身の人生」を生きていないとき、人は弱く、不調になる!

  • 著者:梯谷 幸司
  • 発売日:2018年4月18日
  • おすすめ度:★★★★★
  • 読みやすさ:★★★★★

本の概要

◆「自分の人生」を生きていないとき、人は病気になる!

病気は「敵」ではありません。
「本当の自分」からズレていることを教えてくれる、大切なメッセージです。

「自分はダメな人間だ」 「人生は苦労の連続」 といった
ネガティブな思い込みや歪んだ人生の前提。

「病は気から」という言葉がありますが、
そんなマイナスの思いが、病気を起こしています。

著者の梯谷氏は、「言葉と心理技術」によって
ネガティブな思い込みを解放する方法を開発。

実際にがんや膠原病などの難病、
うつなどの精神疾患を劇的に改善することに成功しました。

・自分を縛る「こうあるべき」というルールを見直す
・「私は~のために、病気をやめる」という言い方をする
・「~したい」に力点をおく

封印してきた「本当の自分」と出会い、
病気と無縁の人生をはじめよう!

Amazonより引用

感想

わたしがこの本を読むまで、自分の病気が、「自分自身を生きていない」ということに繋がっていることを知りませんでした。

そして、自分が持っている病気も、「自分自身を生きていない証拠」というのがわかりませんでした。

ですが、この本を読んだことで、病気の背後にある自分が手に入れている目的や病気を手放すことが出来ない自分。

この本では、スピリチュアル要素がありますが、自分の病気に対しての受け止め方や視点であったり、

「自分自身を生きる」ということに力になっていく本であると思います。

いやな気分よ、さようなら コンパクト版

いやな気分よ、さようなら(コンパクト版)

  • 著者:デビット・D・バーンズ
  • 発売日:2013年7月22日
  • おすすめ度:★★★★★
  • 読みやすさ:★★★★☆

本の概要

『いやな気分よ、さようなら』は、発売以来、英語版で300万部以上売れ、「うつ病」のバイブルと言われている。抑うつを改善し、気分をコントロールするための認知療法を紹介する。最近の大規模な調査によると、『いやな気分よ、さようなら』を読んだうつ病の患者さんの70%が、他の治療を併用することなく4週間以内に改善し、3年後でもその良い状態を維持していた。この効果は、薬物療法や他の精神療法と比べても、優れているものと言えよう。抑うつや不安な気分を克服するための最も効果的な科学的方法を、本書を読むことにより、学んでください

Amazonより引用

感想

うつ病や生きづらさを感じる中で、一番辛いことは、「認知のゆがみです」。この「認知のゆがみ」こそが、私たちの生きづらさやうつ病になってしまう原因でもあります。

例えば、ひそひそ声を耳にしたら、認知が歪んでいない人は、なんにも気にならないですが、

認知のゆがみが強いひとは、「私の悪口を言っているんじゃないか?」と考えてしまい、不安になったり、頭の中が認知のゆがみでぐるぐるになってしまいます。

こうした思考の癖が毎日365日起こっていると、当然生きづらさを抱えることになり、悪化してしまうとうつ状態になってしまいます。

こうした思考から脱却していくことが大切ですが、

・どうしたら脱却していくことが出来るのか

・認知のゆがみの種類

・どんな場面で認知のゆがみが出てくるのか?

こうしたことを、まずは知ることが出来る本になっています。

今は保険治療の中でも、認知行動療法が診察できるようにもなっているぐらいに、認知行動療法は大切です。

その認知行動療法を最初から最後まで全てこの一冊で理解し、実践できる本になっています。

私自身もこの本を持っていて、何十週も読んでいる本になります。

境界線(バウンダリーズ)

境界線(バウンダリーズ)

  • 著者:ヘンリー・クラウド
  • 発売日:2014年10月1日
  • おすすめ度:★★★★★
  • 読みやすさ:★★★★★

本の概要

他人に対して「ノー」と言えない、あるいは平気で他人の領域に足を踏み込んでしまう、共依存から抜けられない、そんな人は「バウンダリーが無い状態」だと言える。バウンダリーとは、他者と自分の境目をはっきりさせることによって自分の責任範囲を明確にし、人間関係を健全にするためのもの。夫婦、親子、職場などの人間関係に悩んでいる方は必読! 日野原重明氏(聖路加国際病院理事長)推薦

Amazonより引用

感想

人間関係を心のストレスなく、win-winな関係を持つために必要な境界線(バウンダリー)。

私の人生の課題でもあります。

人間関係 境界線(バウンダリー)の上手な引き方

人間関係 境界線(バウンダリー)の上手な引き方

  • 著者:おのころ心平
  • 発売日:2018年4月11日
  • おすすめ度:★★★★★
  • 読みやすさ:★★★★☆

本の概要

バウンダリーとは、「自分と他人との間にある境界線」のこと

□「あなたのためを思って」と言いながら押しつけがましい人
□「どうせ」「でも」「だって」が口癖の、悲観的で心配ばかりしている人
□「そんなに甘くはないよ」と上から目線のアドバイスが多い人
□ 愚痴・イライラを周囲にまき散らす人
……など
人間関係の境界線越え(バウンダリー・オーバー)が発生していませんか?


人間関係で理不尽なことがあっても、
「自分が我慢すれば済むこと」と
私たちは往々にして
相手からのココロの侵入を許したままにしがちです。

自分と相手との境界線があいまいだと
心地よい関係は築けません。

「ここからここまでは自分の領域、そこから先はあなたの領域」
ときちんと線引きしていく必要があります。

表情・しぐさ・言葉遣いをほんの少し変えて
「自分の領域」を守りましょう。

抑圧されず、孤立もしない
快適でベストな人間関係のつくり方。

Amazonより引用

感想

この本は、私の人生には欠かせない本です。

人間関係での悩みの大本は、距離感であったり、価値観の違いによって、悩みとなります。
そんな悩みの解決の方法として、「バウンダリー(境界線)」が挙げられます。

人にはNO(断る力)が言えず、人に振り回され、自分をいつ抑圧してしまう人にはふさわしい本です。

ただ、聖書の話が多く出るために、少し読みづらい部分があるのが、ネックでもあります。

毒なる親 完全版

毒になる親 完全版

  • 著者:スーザン・フォワード
  • 発売日:2021年3月22日
  • おすすめ度:★★★★★
  • 読みやすさ:★★★★★

本の概要

あなたはもう親を許さなくていい。
親に奪われた人生を取り戻すために。あなたが「毒親」にならないために。勇気をもって本書を開こう。
傷つけられた心を癒やし、新しい人生を歩き出すための具体的な方法を、あなたに伝授する。
カウンセリングの現場から発想された“現実の希望"にみちた一冊!

Amazonより引用

感想

この本は、アダルトチルドレンや機能不全家族のすべてがわかる本です!

毒親育ちだと思う方なら必ず読んだほうがいい本です!

・なぜアダルトチルドレンが生まれるのか?

・機能不全家族のからくり

・毒親がしてしまう行動や心理的な支配

・親から言われた言葉が今の自分の価値観になっている

こういった事がわかっていきます。

ぜひ、読んで得しかない本です!

関連記事

2022/1/18

読んだ本の感想や紹介を書いています。 心理学 親子関係 人間関係 カウンセリング コーチング その他

ReadMore

2022/1/13

おすすめの書籍

こう 皆様こんにちは!こうです! 私自身が読んで良かった本と自分のためになった本・自己理解が進んだ本を紹介しています。 毒なる親 完全版 「言葉」があなたの人生を決める いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本 本当の自分に出会えば、病気は消えていくー「あなた自身の人生」を生きていないときに、人は弱く、不調になる いやな気分よ、さようなら コンパクト版 境界線(バウンダリーズ) 人間関係 境界線(バウンダリー)の上手な引き方 毒なる親 完全版 関連記事

ReadMore

2021/8/31

いやな気分よ、さようなら 自分で学ぶ「抑うつ」克服法

こう 皆様こんにちは!こうです! 今日は、うつ病の人に必ず読んでほしい・読んだほうがいい本をご紹介します! 「いやな気分よ、さようなら」という本になります。 この本は私自身も何周も読んだ本です!そして、一生涯持ち続けるといっても過言ではないほどに、めちゃくちゃおすすめの本です! なぜうつ病の人は読んだほうがいいのか? うつ病の人には、こういった思考や考え方があります。 あの人が不機嫌なのは私のせいなのかな?良くないことが起きると他のことがすべて良くないと思ってしまう自分はだめな人間だと思ってしまう こうい ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こう

【カウンセラー・コーチ】
➤カウンセラー7年以上、コーチ1年以上
➤NLPマスタープラクティショナー
➤LABプロファイルプラクティショナー
➤一元論、アドラー心理学、NLPを土台としたアプローチ

-blog, 読書
-