blog うつ病

【うつ病】あれ?体がなんか変だと思ったらすぐに病院に行こう!【うつ病の症状】

2020年6月15日

こう

皆様こんにちは!こうです!

ちょっと休憩をしているときに、Yahoo!ニュースを開いたら、うつ病のことが書かれている記事がありました。

私自身もうつ病を持っているので、思わずこのニュースを見つけて開いて見ました。

すると、良い内容のニュースだなって思いました。

それは、まだこの日本には「うつ病」というものが、マイナスな病気でもあり、どこかで「甘えの病気だ」という認知があるために、

体がおかしくなっても中々病院に行かなかったり、「精神科」「心療内科」という病院がマイナスなイメージがあるゆえに、「行ったら負けな気がする」とか「心療内科・精神科に行くほどのことではない」とどこかで思っているからです。

うつ病を知っている人や自分がうつ病になった人ならわかると思いますが、うつ病になったら何もすることができなくなったり、職場復帰するまでは、かなりの時間がかかります。

また、うつ病をしっかりと治すことが出来なくて、中途半端に今まで過ごしていた生活に戻ってしまうと、再び「うつ病」になる可能性が高くなります。

うつ病というのは、治るまで、また受け入れることが出来るまでに、かなりの時間を要します。

また、周囲の人からの支援やサポートがないとなおさら時間がかかります。

だかこそ、決して私は、「うつ病にはならない」と思わず、少しでもうつ病に対しての理解があると、周わりの人がなったときや、親族がなったときに、あなたの理解が、その人を救うと思います。

うつ病とは?

「うつ病とはどんな病気なんですか?」と言われたら、中々一言では返しにくい病気ですよね。

などと、うつ病の症状はたくさんあり、こういったことがうつ病の説明になるかと思います。

うつ病というのは、心の病気でもありますが、脳神経・思考の病気とも言われています。

それは、脳には様々な神経があり、その神経でいろんな信号や伝達が行われています。

つまり、その脳神経の中の信号の伝達する機能が乱れてしまっていて、うつ病というものが発症します。

もちろん、精神的ストレスであったり仕事のしすぎ(ワーカーホリック)などということも、理由の一つです。

うつ病というのは、脳神経が少し乱れてしまったり、また、精神的ストレスなどから発症する病気なんです。

それによって、極度の不安や自殺衝動であったり、マイナス的な考え方になってしまうのもうつ病の人の特徴ではないでしょうか。

私自身もうつ病を持っていますが、あまりにもひどくなると、「この世界から消えてしまいたい」「もう生きていくのが嫌だ」などと思ってしまいます。

人から褒められても、また視線を向けられたときに、「なにか私のこと言っているに違いない。私が何かをしてしまったのかな」とか「なんで私に視線を向けるの?それって、お前はもうダメな存在っていう目で見ているのか」などと、自分自身のマイナス的な思考から、存在否定に走ってしまったりします。

普通の人なら、褒められても受け取ることが出来ますし、視線を向けられても気にしないでしょう。

でも、うつ病の人は、なにか一つの行動が自分に向けられていると思ったときから、マイナス的な思考になってしまい、存在否定や不安に駆り立てられることが強いのです。

うつ病は、脳神経の乱れであったり、精神的ストレス。また、マイナス的な思考からもなりうる可能性が高いんです。

「うつ状態」と「うつ病」の違いは?

では、「うつ状態」と「うつ病」の違いはなんでしょうか?

ざっくりと簡単にまとめましたが、こういった違いが「うつ状態」と「うつ病」の違いだと思います。

うつ状態」は、かろうじて生活であったり、自分の感情や考えをなんとか抑え込んだり、感じないようにすれば、日常生活や社会生活はすることができますが、

「うつ病」は、それ以前に、一人で生活することが出来なかったり、仕事やプライベートのことをしようとしても、それに費やすエネルギーがないゆえに、何もすることが出来なくなるんです。

だからこそ、「うつ病」という病名になっています。

うつ病の前兆

と言っても、突然とうつ病になることはありません。必ず、うつ病になる前の前兆があります。

これらの症状が出てきたら、すこし注意が必要になります。こういった体に起きているサインが、実はうつ病の前兆のサインでもあります。

今まで楽しいと思っていたことが、楽しめなくなってきてる

今まで楽しいと思っていたことが、楽しめなくなってきてる今まで楽しむことが出来たもの。

例えば、映画鑑賞であったり、ドライブであったり人それぞれの楽しんでいたことがあると思います。

うつ病の前兆に、それが楽しむことが出来なくなってしまうことがあります。

それは、今まで楽しんでいたものが、「楽しんで良いのか?」とか、「楽しい」という感情がわからなくなってくるんです。

良い事があっても、素直に良い事だと思うことが出来ない

良い事があっても、素直に良い事だと思うことが出来ないうつ病の人の特徴は、マイナス的な思考です。

それは、考え方もそうですが、実は、「受け取り方」もマイナス的になってしまうんです。

人に褒められた言葉も受け取ることが出来ませんし、

良いことが起きても、「必ず悪いことが起きてしまう」などと、プラスの物を、すべてマイナスに受け取ってしまいます

趣味が楽しめなくなった

「1.今まで楽しいと思っていたことが、楽しめなくなってる」と似ている内容になりますが、

趣味というのは、心のストレスをなくしたり、楽しいと思うことで自分のエネルギーを貯めます。

ですが、趣味をしている時間が楽しいと思えなかったり、逆にストレスになってしまうことがあります。こうなった時は、要注意です。

美味しいもの(ご飯やスイーツ)の味がしなくなった

うつ病の人の特徴として、ご飯の味もしなくなります。

それは、1.と3.と同様に、美味しいと思う感情が感じることが出来なくなってきます。

趣味などはたまに疲れる時があったりしますが、食事の味がしなくなった時、すぐに病院に行ったほうがいいです。

食事というのは、私たちの体のエネルギーの根幹です。そのエネルギーを体に入れることが出来なくなったときには、危険なサインです。

なにか行動しようとしても、すぐに疲れてしまうやはり

これも見逃してはいけないサインです。すぐに疲れてしまう時、もうすでに自分のエネルギーが無い証拠です。

なんとか頑張ろうとしても、一つのことをするだけしかエネルギーがないのです。

それを、見逃して行動に行動を重ねて行くと、ぶっ倒れてしまいます。

よくロードレース(ロードバイク)を乗っている人は、こんな特徴があります。

それは、自転車を漕ぎながら、固形物を体に入れてエネルギーが切れないようにして自転車のペダルを回しています。

エネルギーが切れてしまうと、ハンガーノックという症状が出てしまい、倒れてしまうのです。

私たちの生活や行動も似てますよね。エネルギーがない状態のまま行動しても、その時は動けるかもしれませんが、後に倒れしまったり、一日中寝てしまうことがあります。

睡眠が取れなくなってきてる

睡眠は、人間の3大欲求の一つです。

これも、5.と同様に、寝ることで体力を回復したり、マイナス的な思考を落ち着かせる事もできます。

その睡眠が取れていないというのは、危険な信号です。

少しでも寝付きが悪かったり、途中で起きてしまう(中途覚醒)が起こるようであるならば、もうすでに「疲れているサイン」です。

うつ病の治し方

うつ病になった時、またその前兆が起きてきたらどうしたらいいのでしょうか。

診察を受ける診察を受ける

診察を受けることは一番大切です。

もし、体に異変があったり違和感があったらすぐに病院に行きましょう。

うつ病は心の問題でもあるから、病院に行かず、時間が経てば良くなるだろうと思う方がいると思いますが、それは、違います。

どんどんと悪化していきます。悪化してしまうと、大げさかもしれませんが、即入院ということも有りえます。そうなる前に、しっかりと病院に行きましょう。

でも、病院はどの科に行ったほうがいいのか迷いますよね。精神科ではなく、心療内科に行きましょう。精神科と心療内科の違いは、敷居の高さであったり、診察内容になります。

心療内科のほうが、幅広く診察もしてくださいますし、例えそれがうつ病の手間であったとしても、受け入れてくださいます。逆に、精神科はより入り口が狭く、診察内容が深いです。

特定の病気(ADHDや統合失調症など)に長けています。精神科と心療内科の違いは、一言で言うと、「重度か軽度」の違いです。精神科が重度で、心療内科が軽度と言ってもいいでしょう。

処方箋の薬を飲み、治療をする

まずは、病院に行き、先生の診察や処方箋での治療をして下さい。薬を飲んで治すことは大切です。

睡眠が取れない人には、睡眠導入剤をくれて、寝れるようにしてくれます。そして、マイナス的な考えや気持ちになるなら、気分を上げてくれる薬も出してくれます。

こういった症状には、薬を飲まないとどんどんと体がおかしくなります。

まずは、しっかりと薬を飲んでから、ゆっくりとゆっくり生活を改善していくことが出来ます。私自身も薬を飲みながら生活をしています。

薬を飲むことで、睡眠時間をしっかりと確保することが出来ますし、突然とやってくるマイナス的な思考や感情に飲み込まれてしまうことがあるので、安定剤などを飲みながら生活をしています。

ここで大切なことが、薬を飲みながらも生活リズムを一定にすることです。

朝遅めに起きるとか、お昼ごろに起きるなどせずに、毎日同じ時間に起きて、いつもどおりに生活をすることが大切です。

生活リズムが崩れてしまうと、中々正しいリズムに戻すことは難しいですし、飲んでいる薬も効かなかったり、変に聞いてしまうことが多いのです。

寝るときも、同じです。たまに夜更かしをするのは、良いです!

でも、それが毎日夜更かしをしてしまうと、飲んでいる睡眠薬や安定剤まで影響してきて、薬が効かないということがあります。薬を飲みながら、健康的な生活リズムを送ることがポイントです。

休養

休養一日中行動していたり、何かをしていると、つい休憩を取ることを忘れてしまったり、体が疲れているサインを出しているのにも関わらず、「休まない」ということをしてしまいます。

一日のどこかの時間でお昼寝をして休むことであったり、休みの日はゆっくりとお布団の中でいることであったり、あなたが休めそうな事をしましょう。休むということは、ただ単にずっと寝ていることではなくてはありません。

大切なのは、「楽」ということです。体と心が 「楽しい」であったり、「これをしていると楽ちんだ」と思えることをすると、体も心も休まっていきます。

うつ病になって一番大切なのは、「休養」です。

特に抑うつ状態が強い人であったり、うつ病になりたての場合は、まずは、「休養」が一番に大切です。

それは、病気になる前にたくさん仕事をしてきたでしょうし、色んな人に気を使っていたと思います。

そういった人には、行動面でも心の面でも一度、ブレーキを踏んで、自分のペースであったり、もう一度エネルギーを充電することが大切なのです。

休むことで、処方された薬も効果が出てくるでしょうし、もう一度自分のペースを作り直すことにもつながっていきます。「休養」も大切な治療です。しっかりと体と心を休めて行きましょう。

まとめ

今の時代、うつ病になる人は多くいますし、一概にも自分はならないということはありません。

誰しもがなってしまう病気です。もしなってしまったら、しっかりと治療をしていきましょう。無理してすぐに職場復帰をするということは今は考えなくていいと思います。

それは、うつ病の再発は50〜80%と言われています。しっかりと治すことによって、再発を防げていけますし、

今ゆっくりと時間を書けて治療したり休むことをしていくことで、これから先の自分自身の生活の仕方を変えていくことが出来ます。

また、家族がいるならば家族との時間をたくさん取り、コミュニケーションを取っていきましょう!

うつ病はマイナスな病気ではなくて、プラスの病気です。この病気があるからこそ、必ず得ることがありますから、ゆっくりとゆっくり治療をしていきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こう

「自分を愛する人生へ」 NLPと一元論・アドラー心理学を土台としたカウンセラー・コーチ アダルトチルドレンや不登校・引きこもり、生きづらさを抱えている人に、自分の実体験を元に、自分を大切にしたい・自分を生き直したい人への手助けをしています。

-blog, うつ病
-