カウンセリングとはどんな意味?【カウンセリングの効果】

blog カウンセリング

カウンセリングとはどんな意味?【カウンセリングの効果】

2020年9月16日

皆さん、こんにちは。こうです(@kou_adachiru)

今、カウンセリングが必要な時代になっていますが、
皆さんは、カウンセリングを受けたことはあるでしょうか?

カウンセリングとは、「カウンセラーに自分の話を聞いてもらい、思考を整理したり、または、自分の気持ちを聞いてもらうこと」です。

私自身もカウンセリングを受け続けて、はや10年以上経っています。

今は、自分がする側になっていますが、定期的に自分自身もカウンセリングを受けることをしています。

なんでする側なのにカウンセリングを受けるのか。また、そこまでしてカウンセリングは必要なのか?と思う方がいらっしゃるかもしれません。

実は、カウンセリングは、たとえ自分の心が癒やされたとしても、また悩みがなくてもカウンセリングを受けることはとっても大切です。

今回は、カウンセリングについての記事を書いていきたいと思いっています。

カウンセリングとは?

カウンセリングとは、「依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである」です。

私の敬愛する心理学者 国分康孝先生はこう言っています。
「言語的および非言語的コミュニケーションを通して、行動の変容を試みる人間関係」

なるほどなって思いました。

カウンセリングというのは、一見話を聞いているだけでその時の気分を落ち着かせるというイメージがあるかもしれませんが、ですが、そのカウンセリングを通して、その人の人生が変わっていく。

また人生を生き直すことが出来るということなんだなって改めて思わされました。

でも、そうはいってもカウンセリングのイメージって皆さんはどう思いでしょうか? カウンセリングって聞くとどうしてもマイナスなイメージが先行してしまうんじゃないのかなって思います。

それは、「カウンセリングを受ける=弱い人」というイメージがあるからです。

昔、友達とかに、「僕カウンセリングを受けに行くから先に帰るね」と言ったら、「カウンセリングって何?それってうつ病になる人が受けるんじゃないの?」と言われた経験があります。

あー、たしかに、カウンセリングを受ける人ってうつ病の人も少なからずいるだろうけども、
決して弱い人が受けるイメージではないんだけどなーって思います。

つまり、カウンセリングとは、
「悩みや問題がある時、また自分の感情や気持ち、そして思考を整理したいときに、カウンセラーという人に自分の話をあるがままに聞いてもらい、自分の心を思考を整理すること」

ということが言えるのではないのなかーって思います。

では、カウンセリングを受けるとどういったことが変化していくのでしょうか?

カウンセリングを受けると
 
カウンセリングを受けるとどう変化をしていくのでしょうか?

カウンセリングを受ける前

例えば、自分の感情が不安な気持ちでいっぱいだとします。

感情が不安でいっぱいだと、
「あー、どうしたらいいんだ」
「不安でどうしよう・・・」
「体が思うように動かない」
とか、

不安な気持ちでいっぱいだと、行動面でも精神面でも大変になっていきます。
ですが、カウンセリングを受けるとこう変化をしていくのではないでしょうか?

カウンセリングを受けたあと

・不安が整理される

・不安の原因がわかって、不安の対処法がわかった

・不安な感情・気持ち

と行動面が切り離すことが出来た
といったことが、カウンセリングを受けると変わっていくのではないでしょうか?

感情や気持ち、思考がぐちゃぐちゃになるときは、自分ひとりで解決することもありますが、
カウンセラーの力を借りて、整理してもらうこともとっても大切であるということです。

また、自分自身をメタ認知することが出来るということもあります。
メタ認知とは、自分を客観的に見ることです。


カウンセリングを受けたあとは、自分自身を客観視することが出来るために、
自分の思考や行動が正しく理解することが出来ます。

なぜカウンセリングが必要なのか?

  • 自分の悩みが解決できる
  • 生きづらさをから解放される
  • 親子関係・人間関係のストレスが解決する
  • 心の問題が整理できる

「こういったことを解決したい!」「自分の生きづらさを解決したい」

という問題を持っていて、解決をしたい方には、カウンセリングが必要です。

でも、なぜカウンセリングというものが必要なのでしょうか?
自分一人で考えて行動すればいいじゃん!って思う人もいらっしゃるだろうと思います。

別にカウンセリングを受けなくても、自分は特に問題ないからなーって思う方もおられるかと思います。

まあそれはいいでしょう笑

ですが、カウンセリングというのは今の日本、この時代には必要不可欠ではないのかなって思います。

それは、心に傷を持つ人が増えて来たり、ストレスを抱えている時どうやって対処していいのかわからない。

また、機能不全家族が増えて来たり、
それこそアダルトチルドレンが増えて来たりしているからです。

そういった人たちが、学校や社会に出たとしても、どうしても心の問題があるので、
生きづらさを抱えてしまったり、つまずいてしまうものです。

それを解決していくのが、カウンセリングっていうわけです。

もちろん、コーチングやワークセッションというもので、解決していくことができると思います。

だから、カウンセリングというのは、思考や考えの整理というのもありますが、

自分の心の悩みを解決することで、これからのあなたの人生を、生きやすく、またストレスなく、いつも同じ問題で苦しまないそういった問題から解決へと進む事ができます。

カウンセリングを受けることは恥ずかしくない

「俺、カウンセリング受けているんだー!」
「カウンセリングがあるから、ごめんねー」と

友達に言えるでしょうか?

若干恥ずかしい気持ちがありますよね。

相手にどう思われているのかとか、

メンヘラなのかなって思われてしまうんじゃないかって、考えてしまうかもしれません。

ですが、大丈夫!

そもそもカウンセリングを受けることは、守秘義務もありますから、

カウンセラーが、他の人やSNSにカウンセリング内容をいうことはありませんし、絶対に友達等にバレる事はありません!

もし、カウンセリングの時間と、用事がバッティングしてしまったら、

「ミーティングなので!」とか
「病院に行くので!」とか、

別のことにすり替えてもいいでしょう!

だから、安心して、カウンセリングを受けてください!。

まとめ

カウンセリングという言葉のイメージはマイナスかもしれません。ですが、自分の悩みや問題解決。

そして、抱えているストレスを和らげていくためにも、カウンセリングというのは、必要かもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こう@あだちる

毒親・機能不全家族育ちのアダルトチルドレンの生きづらさを抱え、人間関係でつまずき、自分が大嫌いな私が、生きやすい人生へと変わる事ができ、本来の自分が持っている姿へ変わり、人間関係・親子関係・自分との付き合いが楽になりました。

-blog, カウンセリング
-